事前準備は必須!?彼ママに会う前に意識しておくべき5つの大事なポイント!

この記事では、彼ママに挨拶に行く際のポイント・注意点を紹介します!

しっかり事前に確認しておくことで心に余裕ができ、

「あなたの魅力」を伝えることができます!

彼のお母さんに会うときは「いい子だな」と思われたいですよね?

緊張していたり張り切りすぎていると逆効果になってしまうこともあるそうです!

挨拶へ行くくらいですが、ゆくゆくは結婚を視野に入れている場合も多いことだと思います。

しかし、もし失礼があって、

「こんな嫁が来るなんて!結婚は認めたくない!」

と思われてしまっては結婚が遠のいてしまう可能性も・・・

両親の事前リサーチをする!

リサーチ

まず会う前に両親のリサーチをしておきましょう。

両親の情報を知っておくことで、実際に会った際にきっと役立ちます!

会話が弾む

両親の事を知っておくことで会話が弾み、相手を喜ばせることが出来ます。

仲の良さなど両親の関係性がわかる

前もって両親のことをリサーチしておくことで話もスムーズに、当日の接し方も考えれます。

例えば、あ母さんの料理についてあらかじめ彼氏から聞いておくと、

「お母さまの作るシチュー、〇〇(彼氏の名前)さんからすごく美味しくて好きだと聞いてます。」

と料理を褒められれば、女性なら誰しもとても嬉しいでしょう。

しかも息子が陰で褒めてくれていたというシチュエーションはもっと嬉しいもの。

そして、話の主導権は両親に譲りましょう。ここは気をはらなくていいですよ。

手土産は必ず持参して!

ドーナツ

当然ですが、手土産は必ず用意しておきましょう。

何を選べば良いか悩んでしまう場合は彼と相談!

事前にリサーチして相手の喜ぶものを選ぶ事が大切です。

当日慌てて彼の家の近くで購入、なんて事をしてしまうと母親にばれてしまうので注意してくださいね。

両親の好きなお茶菓子

好きなお菓子を用意出来たらgood!

プラスに働くことは間違いありません!

誰でも食べれるようなお菓子

誰でも食べれるお菓子でも問題ありません。しっかり事前に用意することが大切です。

普段よりおしゃれに!派手すぎないように!

清楚

彼のママに会うときに「気合を入れてオシャレ」したくなる気持ちはわかります。

ですが、派手な印象になると「好感度が下がる」ことに!

いつもより“控えめ”なメイク、

いつもより“控えめ”なファッション

控え目を心がけて挑むべし、という声も目立ちました。できるだけ上品な格好を心掛けて!

相手のおうちにはペットがいたり、ご飯を挟んでしまうとお手伝いをすることがあるかもしれないので、かしこまりすぎる服装やオシャレすぎるものは良くないです。

靴を脱いで家へあがるので、素足はNGです。必ずストッキングや靴下を着用していきましょう。

高級ブランドのバッグは避けて。金銭感覚を疑われると息子の結婚相手として避けたい存在になってしまいます。

ネイルも上品で控えめなベージュピンクなどにして。派手なネイルは家庭的な雰囲気から離れてしまうので、やはり結婚相手として避けたい存在と思われてしまうのです。

髪が長い場合はまとめると上品に見えます。

メイクもナチュラルメイクを心掛けて。盛って美しく見せるよりも、「きちんと」感が出るようにする事が大切です。

彼氏の両親の呼び方。お父さん、お母さんはNG!?

絶対ダメ

両親の前では彼の事を「〇〇さん」とさん付けで呼ぶのが好ましいでしょう。

「〇〇くん」でも悪くはないのですが、人によっては息子を幼く扱っているようで嫌という印象を抱く場合もあります。

普段しているからといって呼び捨ては完全に論外です。

両親の呼び方ですが、最初は「〇〇さんのお父さま、お母さま」が無難です。

「お父さん」「お母さん」は結婚もしていないのに止めた方が良いという意見もあります。

しかし実際には「〇〇さんの」というニュアンスで使っているのは分かるので、気にならない人も多いそう。

「おじさま・おばさま」もよく推奨されています。

しかし、これはマナー的には〇でも実際は距離感を感じてしまう場合があるそうですよ。

「お母さまなんて柄じゃないわよ、お母さんでいいのよ。」

と言ってもらえれば、その言葉に甘えてそう呼ぶようにしましょう。

アピールは逆効果!?彼を立てましょう!

立てる

彼を立てるためにも、あまり自分が目立つ発言はしない方が良いでしょう。

つい、認めてもらいたくて自分の得意分野をアピールしたくなってしまうかもしれませんが、多くの親が期待している事は、「息子が幸せになれる、一歩下がって支えてくれる相手」であって、「すごい彼女」ではないのです。

「〇〇さんは本当に頼りになって」など、彼を立てるようにしましょう。

自分の息子を褒められて嬉しくない親はいません。

逆に、尻に敷かれているような雰囲気を感じてしまうと、心配になって交際を良く思わなくなる事も。息子が大切にされていると思うと、好印象と思うだけでなくきっとあなたの事も大切にしたいと思うはずです。

気にしだしたら、あれもこれも全部!となってしまうので必要最低限ことは自分で考えてみてはいかがでしょうか?今回まとめたことを参考にしてみてください。ありのままのあなたで彼ママとうまく接せるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク